前へ
次へ

営業求人の違いを転職活動では見る

業界が違えば、扱う商品も仕事内容も当然違い、転職するにしても各業界の仕事をチェックしましょう。
営業求人のなかには広告系もあります。
個人でなく法人営業で、関係各所へのヒアリング・スケジュール管理・コスト管理が行われているようです。
担当者との打ち合わせを行うのですが、転職者にとっての顔合わせの場にもなり、好印象を持ってもらうことは大事です。
商談は営業部エースとなる先輩につき、そのテクニックをしっかり盗みましょう。
企業相手で契約が結べるならば、その功績から社長賞を授与したり、昇級や昇給などに繋がるという魅力もあります。
営業求人には他にも人材系があります。
転職者にとってはハードルも高く、主に新規開拓となる営業方式です。
人材系だからこそ商品でなくサービスを売るわけです。
具体的にどんなことをするのかといえば、オフィスへの人材派遣、イベントスタッフの手配などを行うのですが、自社システムの利便性をしっかりアピールしなければ利用してもらえないでしょうから、へこたれることなく、通い詰めましょう。

Page Top